2006年05月11日

0079 if… 白狼の苦悩〜prologue

コツ、コツ、コツ…


とある宇宙要塞の最深部の廊下を1人の男が歩いている。


床、および周囲は金属でできており、いかにも宇宙基地といった感じである。


そんな廊下の最も奥深く、この基地の中心部にあたる位置に、この雰囲気には似つかない、大きな、そして豪華な扉が一つたたずんでいる。

おそらくこの要塞の司令官の部屋なのだろう。通いなれた部屋である。






男は、扉の前の衛兵に軽く敬礼をした。

衛兵は背筋を伸ばし、敬礼をしながら言葉を発した。

「大尉。司令より伺っております。どうぞお入り下さい。」

男は軽く頷き扉を開けた。



「シン・マツナガ大尉、入ります。」


続きを読む
posted by ゴウ=ウラキ at 11:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ジオン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。